小学校の作品展

昨日は息子の通う小学校の作品展でした。
私たちが住む地域の小学校では毎年交互でこの季節、学芸会か作品展を行っています。
息子は今二年生で去年は学芸会、作品展は初めてでした。
どのような物をどのような感じて展示してあるのか、行くのが楽しみでした。
作品展は幸い、夜の8時までだったので仕事帰りの主人と息子、私の三人で見に行きました。
二年生の展示は工作と絵です。
作品を見て、私は息子が成長したと感じました。
上手いとは言えないかもしれませんが、一生懸命にやったのだと思います。
他の子たちに劣らない良い作品でした。
私は息子の描いた絵がこの季節にピッタリだと思いました。
“ビックリオバケ”というタイトルで卵の中からお化けや家が飛び出している絵でなかなか個性的でした。
卵の色がオレンジ、紫、黄緑でカラフル、まさにハロウィンカラーです。
他の学年の子達の作品ももちろん見ました。
六年生の画力には正直驚かされました。
繊細で私が描くよりよっぽど上手だと思います。
来年はまた学芸会なので二年後が楽しみです。
今度はどれだけ成長しているのか、今から期待しています。
産み分けゼリー 産婦人科

我が子の持久走大会にむけて

我が子の小学校で毎年行われている持久走大会まであと1か月。
この時期になると走る練習をする子の姿があちこちでみられます。
ところがあまり勝負にこだわらない我が子は、毎日のんびりと家でテレビをみています。
他に熱中していることがあるならそれでもいいけれど、とくに趣味もない我が子をみているとこれでいいのかと私のほうが焦ってしまいます。
「ねえねえ、今日は天気もいいしちょっと走りに行こうか」と誘っても「行かな~い」とゴロゴロ。
このままではいきなり本番になってしまいそうです。
そこで宿題をやっている我が子にきりだしました。
「学校の宿題はやらないといけないけど、いつもママが用意している算数のプリントのかわりに走ってもオッケイだよ。
プリントか走る練習、好きな方を選んでいいよ」と。
すると「それだったら、学校の宿題終わったら走ってこようかな」とようやく重い腰があがりました。
本音では算数のプリントも走る練習もめいっぱいやってほしいけれど、さすがにそれは期待しすぎですよね。
雨の日はプリント、晴れの日は走ることでバランスをとっていけたらそれでいいかな。
こうなったら体幹を鍛える加圧シャツでも買ってあげようかな!
バルクアップアーマープロの口コミと通販での販売店