IT企業といってもたくさんあることに気がついた

ただいま、絶賛就活中です。
パソコンが好きなので、IT系の業界に入りたいなと思い就活を続けています。
が、企業研究や会社説明会に行ってちょっと困惑しています。
種類が多すぎるのです。
例えば、A社の場合は、どちらかというと販売に近い会社です。
作るというよりは特定のソフトを売り込むことが中心になりそうなのです。
他にも、B社の場合は、ITというよりもはや単なるコールセンターと言わざるをえないような業務形態でした。
私はプログラムやWebサイトなどを作ってみたいという気持ちがあるので、これらはちょっとミスマッチかもしれないと思っています。
しっかり分析することが大事だと改めて思いました。
ただ、何かを作る系の企業さんだったとしても注意することはあります。
例えば、C社の場合、新人さんには企画を出してもらうそうです。
アイデアを出してもらって、実際にそれをアプリに落とし込んで売る、というところまで含んでいるようなのです。
そうなると、エンジニアという要素ももちろんありますが、それ以外に企画や宣伝、営業なんかも入ってくるかもしれません。
なので、たとえ職種がマッチしていてもそういう部分に気をつけなければならないことを改めて思い知りました。
まだまだ就活は長いですが、しっかり着実に進めていきたいと思います。
借金返済 シミュレーション